不織布とは?不織布の可能性

不織布のいろいろ

シート状の不織布

不織布とは、縫ったり、編んだりしていない「布状」のものをいいます。

いろいろな製法があり、原料や用途によってその製法は変わってきます。

繊維を編んだり、縫ったりしないで、シート状にします。

このため、一般の繊維より比較的に低コストで製造できます。

不織布は多孔質構造であることが特徴です。

このため、通気性・ろ過性・保温性などの特徴があります。

原料もいろいろなものが使えます。その組み合わせもできます。

一般の繊維と違って、いろいろな目的にその方法に合わせて原料を加工、製造できます。

おもに原料は、化学繊維、天然繊維、ガラス繊維などです。

これらを用途に合わせて、素材の特徴を引き出して機能を高めたり、

いろいろな組み合わせや、製法のしかたで、自由に作ることができるのが、最大の特徴です。

用途のいろいろ

ボード状の不織布

自動車内装、自動車部品、衣服の芯地、肩パッド、防寒衣料の中綿、防災用衣服、換気扇フィルター、給気口(換気口)フィルター、空調用フィルタ、紙おむつ、衛生材やナプキン、スリッパ、作業手袋、防じんマスク、帽子 、人工皮膚 、壁装材、掃除用品、等など、

私たちの身の回りに無数に使用されています。

一般の不織布と難燃性不織布の違い

同じ不織布の名称でも、難燃性とそうでないものがあります。

用途に合わせて、製造の仕方が違います。

一般の不織布は、素材をそのまま加工して、シート状にします。

難燃性不織布は、「難燃剤」を素材に練りこんでからシート状にします。

一般のものは、火を付けますと、ドンドン燃え広がります。

難燃性は、火を付けた付近だけ一瞬燃えて、すぐに鎮火します。

難燃剤のため、そこで自然と消火され、それ以上は燃え広がらない工夫がされています。

そのため、難燃性不織布は、レンジフードのフィルターや、防火用品にも使用されます。

ビーワンフィルターは、難燃性ポリエステル100%の使用です。

給気口フィルター

「ビーワン給気口(換気口)フィルター」も同じ難燃性ポリエステル100%の使用です。

ビーワンフィルターにビーワン独自の特殊粘性吸着剤加工の給気口フィルターです。

ボード状の不織布

これも「不織布」です。

これは、レンジフードフィルターと同じようなものを1mm厚の薄さにし、100枚以上重ねて使用しています。

ボード状の不織布を本のように裂いた不織布

この100枚を圧縮し、特殊な方法で、糊を使わないで13mmのある程度「硬いボード状」にしています。

これが、マジックペンのペン先になります。

ボード状の不織布を2つに裂いた

これは、防火の必要性が無いので、一般のポリエステルを使用しています。

このように、目的、用途によって、その製造方法を変えて、いろいろな商品が生まれます。

サイト内検索

ビーワンが運営するサイト

ず~と楽天ランキング
第一位の商品が多数!

セーブ・ザ・チルドレン

  • ビーワンは、売上の一部で【セーブ・ザ・チルドレン】を応援しています。すべての子どもにとって、生きる・育つ・守られる「子どもの権利」が実現されている世界を目指します。
  • eビジネス推進連合会会員