換気について

  • 2003年(平成15年) 7月より着工分から建築基準法が改正され、24時間換気が義務化されました。
  • 24時間換気の種類には、 第1種~第4種まであり、主に用いられるのは、第1種と第3種です。
  • 第1種方式は、空気が入る部分と出て行く部分をそれぞれ機械で行う強制換気。
  • 第3種は空気が出て行く部分だけを機械で行い、空気が入る部分は穴が開いているだけの自然換気方式です。
  • マンションでは給気口から取り込んだ空気を排気ファンから外に送り出す第3種を設置することが多い。
  • 自然換気が期待できれば、強制換気までは必要ありません。
換気の種類

第一種方式

第二種方式

第三種方式

赤い矢印は、機械換気、青い矢印は、自然換気

  • 空気が入る所は「給気口」、空気が出て行く所は「排気口」と一般に言います。
  • 壁・天井・トイレの天井・風呂場脱衣場の天井・ 浴室の天井・廊下の天井などが
    一般的なな取付け位置です。(床下換気は別です)
  • お互いを出来る限り離して取り付け、また、給気口は上段、排気口は下段などとして、
    換気経路を、出来るだけ長くとります。
  • このようにしますと、上段、中段、下段の空気の全てが移動するわけです。
  • また、部屋には新鮮な空気を入れ、汚れた空気はトイレなどから排出されます。
トイレ換気
  • 「換気」は、室内の空気をいつもきれいに保つことが目的です。
  • 従って、空気の流れは部屋からトイレなどへの一方通行になります。
  • 第3種の換気設備を設置する場合、バルコニーに面した外壁などに穴を開けて給気口とし、新鮮な空気がリビングや個室などを通って洗面室などに設置された排気ファンを通り、外廊下などへ排気される仕組みだ。このとき、新鮮な空気が部屋の隅々までいきわたるよう、給気口と排気ファンを対角線上に設置したり、ドアの下に隙間(ガラリ)を設けるなどの工夫をする必要がある。
  • このために、ドアーには、「ガラリ」などの空気の出入り口を作ります。
ガラリ
  • 空気の流れの速さは、1秒間に20cm以下の速さです。
  • 換気回数は、1時間に 0.5回が(一時間毎に部屋の体積の1/2以上を換気しなければならない)、法律で定められている基準です。
  • 換気口に換気扇の設置が義務なのではなく、換気をする事が義務なのです。
  • 方式はいろいろありますが、換気扇での強制排気が簡便なので多く採用されてます。
  • 高気密住宅等の24時間システム換気とは別物です。
  • 24時間換気システムについて
  • 「24時間換気システム」で「全熱交換器」の付いた高機能タイプの換気口があります。
  • 普通の換気口は、暖めた(または、冷やした)室内の空気をそのまま捨ててしまうのに対し、捨てる空気から熱を回収する省エネ機能です。
  • 24時間換気は法律で定められていますが、全熱交換器までは義務化されていません。
  • これらの「給気口」に、外気の汚染防止用として、「給気口フィルター」をお勧めします。

送料・代引き手数料は
★ご注文が、税込み2,800円以上の場合は、全て送料無料!(沖縄・離島除く)
★代引き手数料は、2,800円以下のご注文でも、全て無料!

line
新緑
新緑
新緑

給気口(換気口)フィルターのいろいろな形状写真

検索

セーブ・ザ・チルドレン

  • ビーワンは、売上の一部で【セーブ・ザ・チルドレン】を応援しています。すべての子どもにとって、生きる・育つ・守られる「子どもの権利」が実現されている世界を目指します。
  • eビジネス推進連合会会員
ページの先頭へ